六つの基礎食品
健康を維持するためには、バランスの良い食事を摂ることが必要です。作物や
花を育てるにしても、肥料の配合や水分の補給が適切でなければ良いものは
育ちません。私達の体は作物などより、もっと高級な働きをしているのですから、栄養のバランスが崩れていれば健康を維持できる筈がありません。
食品は大別して次の6種類に分けられます。
1.緑や黄の濃い野菜(緑黄色野菜)
  ピタミンA、C、鉄、カルシウム、蛋白質などを含む。

2.その他の野菜(淡色野菜)、果物類
  ピタミン類やミネラルの供給源。

3.肉類、魚類、卵、貝類、大豆、とうふ(蛋白質性食品)
  脂肪、各種のミネラル、ビタミン(B1、B2、ナイアシン)なども含まれる。

4.こく類、いも類(糖質)
  こく類とは、米、麦、パン、めん類で、主要なエネルギー供給源です。

5.牛乳、乳製品、小魚、海草(カルシウムの多い食品)
  ピタミン類も多く含まれる。牛乳には蛋白質や脂肪も多い。

6.植物油、バター、マーガリン、(油脂類)
  脂肪のほかにビタミンA、Dが含まれる。植物油には必須脂肪酸が多い。

以上のうち、どれが欠けても健康に支障が出てきます。
毎日(できれば毎回)の食事に六つの基礎食品のそれぞれが、
必ず1品以上含まれるように心掛けてください。食事の量は腹八分目とし、
いろいろな食品をバランス良く摂って、健康な毎日を過ごしましよう。
1日に30種類、1週間に80種類の食品を摂ることが奨められています。
酸性食品とアルカリ性食品
私達の体は弱アルカリ性に保たれていないと、体内の新陳代謝(栄養の吸収・
分解)が異常となり、細菌感染も起こり易くなります。食品の大部分は
酸性食品なので、アルカリ性食品を成るべく多く摂るように心掛けて下さい。
野菜は1人1日300gが必要です。

1.酸性食品(体液を酸性にする食品)
  肉類、魚介類及びその加工品。卵、魚卵、こく類(米飯、パン、めん類)、
  砂糖菓子、日本酒、ピールなど。

2.アルカリ性食品(体液をアルカリ性にする食品)
  牛乳、とうふ、果物、野菜、海藻が主なアルカリ性食品です。
  その他、漬物、きのこ茶、コーヒー、プドウ酒、
  豆類(大豆、ソラ豆、インゲン豆、サヤエンドウ)など。
もどる