長引く咳、咳がとまらない
咳の分類
1.急性咳嗽 発症して3週間以内の咳
2.遷延性咳嗽 発症して3週間以上続く咳
3.慢性咳嗽 発症後8週間以上続く咳
 (日本呼吸器学会 咳嗽に関するガイドラインより)

咳がなかなか止まらないといった症状の原因として次のような疾患が考えられます。

1.咳喘息
  空咳だけ続くという症状の中で最も多い原因です。
2.感染後の咳
  気管支炎などを起こした後、咳が長く続く場合があります。
3.慢性気管支炎
  特に喫煙者に多い病気です。いわゆるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に属する病気で
  肺気腫を合併することもあります。
4.副鼻腔気管支症候群
  慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎に随伴した気管支炎です。
  この病気に、気管支拡張症を合併することが多いですが、
  気管支拡張症単独の場合もあります。症状は無症状から、
  咳だけ、痰だけ、咳と痰、血痰などです。
5.マイコプラズマ肺炎(気管支炎)成人百日咳
  特に前者はよく見られる病気ですが、
  的確に診断をすれば、比較的容易に治ります。
6.胃食道逆流症
  いわゆる逆流生食道炎で、胃液が食道に逆流することによる刺激で咳が出ます。
  長引く咳、止まらない咳の原因として意外に多い病気です。
7.肺がん
  咳で初発というのは少ないですが、長引く咳の原因としては、
  外せないものの一つです。
長引く咳、止まらない咳の診断、治療
胸部レントゲン写真、呼吸機能検査、それぞれの病気に必要な血液検査を行います。
必要な場合は、CT、MRIを撮影いたします。
治療は,抗生物質、去痰剤、気管支拡張剤、ステロイド等を用います。 肺がん等、気管支鏡検査、手術等の入院が必要な場合は、提携病院に御紹介いたします。

提携病院:国立病院岡山医療センター、岡山済生会病院,その他、ご希望の病院
もどる