睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群の症状
昼間の眠気、いびき、眠っている間に呼吸が止まる(無呼吸)、夜中にトイレに何回も起きる、起床時の頭痛などです。
睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に空気の通り道である上気道が閉塞し、何回も呼吸が止まる病気です。
睡眠時無呼吸症候群による健康障害
高血圧症、糖尿病、高脂血症から動脈硬化が進行し、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの重篤な病気を引き起こすことが知られています。
また、肥満者に多いことからメタボリックシンドロームとの関連も指摘されています。
睡眠時無呼吸症候群の検査・診断
1.スクリーニング
 自宅にて簡易式診断器による検査を行います。
 提携検査センターより、検査員がご自宅にお伺いします。
 一度、ご来院していただき、問診、診察等を行い、検査の予約を致します。
2.精密検査
 必要な場合は、8時間の睡眠ポリグラフィ(PSG)検査を行います。
 連携施設(国立病院岡山医療センター等)に検査を依頼しております。
睡眠時無呼吸症候群の治療
1.減量、禁煙、飲酒を控え、過労の予防および生活習慣(糖尿病、高血圧等)の
 改善が基本です。
2.CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法、保険適用)
 中等症以上の方にはが第一選択となります。
 鼻マスクから気道に空気を送り込み、睡眠中に起こる気道閉塞を防ぐことにより、
 効果は次の日から認められ、眠気が全く無くなる人もいます。
3.口腔内装置(マウスピース)
 軽症の方、あるいは、CPAPが圧迫感によりどうしてもできない方が対象となります
 (診断書により保険適用)
4.耳鼻科的手術
 CPAP療法に支障がある場合、気道の構造に問題がある場合、
 手術を行う場合もあります。
もどる