予防接種
インフルエンザワクチン、麻疹・風疹(MR)ワクチン
任意接種の肺炎球菌ワクチン(成人)
上記のいずれも要予約ですので,必ず事前にお問い合わせ下さい。

岡山市の公費助成になるものもございますが、65才以下のインフルエンザ、
8才以上のMRワクチン(特に10代以上、成人で、風疹、麻疹の予防接種をしていない、
あるいは抗体の上がっていない方)は、自費となります。
風疹について
風疹の報告数が急増しています。 首都圏の報告数が特に多くなっています 

昨年、2,353例の報告があり、過去5年間(平成20年~平成24年)では最も多い報告数となりました。
今年は3月末時点で、既に昨年の報告数を上回り、全数報告疾患となった平成20年以降、最も早いペースで報告数が増えています。
昨年の報告によると、首都圏や近畿地方での報告が多く、患者の7割以上は男性で、
うち20代~40代が8割を占めました。今年も、同様の傾向ですが、特に首都圏での報告が多く、他の都市でも増加傾向にあります。
平成23年度の国の調査では、20~40代の男性の15%(20代 8%、30代 19%、
40代 17%)が風疹への抗体を持っていませんでした。
一方、20~40代の女性の4%が風疹への抗体を持っておらず、11%では感染予防には不十分である低い抗体価でした。
抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中の女性が風疹にかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害(先天性風疹症候群)が起こる可能性があります。 昨年の流行の影響で、平成24年10月から平成25年3月末までに、8人の先天性風疹症候群の患者が報告されました。 妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、特に流行地域においては、抗体を持たない又は低い抗体価の妊婦の方は、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。 また、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、風疹を発症しないように予防に努めて下さい。

具体的には、
1.風疹の定期接種対象者は、予防接種を受けましょう
2.また、妊婦を守る観点
特に、
 (1) 妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族
 (2) 10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)
 (3) 産褥早期の女性
 のうち、抗体価が十分であると確認できた方以外の方は任意での予防接種を受けることをご検討ください。
3.先天性風疹症候群とは
妊婦とくに、妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、
難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障害をもった
赤ちゃんがうまれる可能性があります。
これらの障害を先天性風疹症候群といいます。先天性風疹症候群をもった
赤ちゃんがこれらすべての障害をもつとは限らず、これらの障害のうちの一つか
二つのみを持つ場合もあり、気づかれるまでに時間がかかることもあります。

先天性風疹症候群がおこる可能性は、風疹にかかった妊娠時期により違いがあります。
特に妊娠初めの12週までにその可能性が高いことが認められており、
調査によって25-90%と幅があります。予防接種をうけることによって、
成人女性なら妊娠中に風疹にかかることを予防し、または妊婦以外の方が妊婦などに
風疹をうつすことを予防できます。(ただし妊娠中は風疹の予防接種をうけることはできません)
接種ワクチンについて
風疹の抗体価が低い人は、麻疹の抗体価も比較的低い傾向が見られることから、 風疹の予防接種を受けられる場合は、麻疹対策の観点も考慮し、 麻疹・風疹混合ワクチンを接種されることをお勧めしています。 風疹の単独ワクチンの需要量は例年少ないため、今年度の供給量は限られていますが、 麻疹・風疹混合ワクチンの供給量は十分である見通しです。
麻疹について
Q1 ワクチン接種を受けた方が良いのはどのような人ですか?

定期接種の対象年齢の方々は、積極的勧奨の対象ですが、定期接種の時期にない方で、 「麻疹にかかったことがなく、ワクチンを1回もしん受けたことのない人」は、 かかりつけの医師にご相談ください。 平成2年4月2日以降に生まれた方は、定期接種として2回の麻疹含有ワクチンを受けることになりますが、 それ以前に生まれた方は、1回のワクチン接種のみの場合が多いと思います。 医療従事者や学校関係者・保育福祉関係者など、麻疹に罹るリスクが高い方や麻疹に罹ることで周りへの影響が大きい場合、 流行国に渡航するような場合は、2回目の予防接種についてかかりつけの医師にご相談ください。

Q2 麻疹の予防接種を受けるのに、単独の麻疹ワクチンの替わりに、
   MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)を接種しても
   健康への影響に問題ありませんか?

麻疹の予防対策としては、MRワクチンは単独ワクチンと同様の効果が期待されます。 また、麻疹ワクチンの替わりにMRワクチンを接種しても、健康への影響に問題はありません。 むしろ風疹の予防にも繋がる利点があります。 ただし、MRワクチンは、生ワクチンという種類のワクチンですので、 妊娠している女性は接種を受けることができません。また、妊娠されていない場合であっても、 接種後2カ月程度の避妊が必要です。おなかの赤ちゃんへの影響を出来るだけ避けるためです。 また、麻疹の単独ワクチン、風疹の単独ワクチンの接種に当たっても、妊娠している方は接種を受けることはできません。 接種後2カ月程度、妊娠を避けるなど同様の注意が必要です。

          以上 厚労省のホームページより引用

厚生労働省:妊娠を考えるなら、麻疹・風疹混合ワクチンを

参考 岡山市の予防接種の公費助成
公費助成表
もどる